査定額をUPさせる内装

査定額をアップさせる内装とは?

 

査定額をUPさせる内装とは?

 

実は私自身、以前乗っていた車(プジョー207cc)を売る際に、
助手席の端っこ部分に洗剤をこぼした跡があったんです。

 

いや、なんでそんなところに洗剤?
っていうツッコミはこの際なしにして(笑)

 

たぶん、これによって査定価格が数万円安くなっていた
んじゃないかな〜と今考えれば思います。

 

 

このような汚れと言うのは、気付いた段階で、
少なくとも車の査定をお願いする前の段階で
綺麗にしておきたいですよね。

 

シートの汚れやへたり、タバコの焦げ跡など、
減点対象となるものは目立たないようにしておきましょう。

 

その他、

 

・掃除機で座席や座席の下を万遍なく掃除しておく
・ステッカー等が貼ってあれば剥がしておく
・車や周辺機器の保証書や取扱説明書が見当たらない場合は探しておく

 

こういったことが必須です。

 

 

そして何より、普段車に乗っている段階で、車内で食べたり、
モノをこぼして汚すような行動は避けるようにしましょう。

 

換気や脱臭剤で悪臭を予防することも大切です。

 

査定前になって慌てて車内美化に努めるのではなく、
普段から車内を綺麗に保つ習慣を作っておくことが、
査定額でマイナスとならないための最善策です。

 

 

車内を綺麗に保つために使えるグッズ

 

ここでは、常に車内を綺麗な状態に保つために
用意しておきたいグッズを紹介しておきます。

 

@ウェットティッシュ

 

車内で食べるな、と言っても食べてしまうのが人間。

 

ただ、お菓子や脂ものを食べて手が油だらけになり、
そのままの手でシートを触ってしまっては汚れてしまいます。

 

なので、常にウェットティッシュくらいは置いておきましょう。

 

100均で売っているものでOKです。

 

 

Aゴミ箱

 

食べ物その他、ゴミが出たら捨てられるよう
ゴミ箱を設置しておくことをお薦めします。

 

そこらへんにゴミが散らばっている車内は不衛生です。

 

普段からゴミはゴミ箱に捨てる癖を付けましょう。

 

 

B窓を拭くためのタオル

 

窓を拭くのはガソリンスタンドの店員さんの仕事。

 

と思わずに、雨などで汚れてしまった窓や湿気が
ある場合はふき取っておきたいところです。

 

ちょっとしたキズの原因になる場合もありますので、
水滴も拭き取るようにしましょう。

 

 

Cドリンクホルダー

 

これも、備え付けのドリンク置き場がない場合は
買っておきたいものですね。

 

飲み物を座席やシートにこぼしてしまうと
いうのは実にありがちなことです。

 

それを防ぐためにも、ドリンクホルダーをセットし、
こぼしてしまうことがないよう心がけましょう。

 

車を汚さないよう最低限の備品は揃える。
あなたが中古車を買う立場になって考えてみれば、普段から車内美化の意識が付くんじゃないでしょうか。
                                            

査定額をUPさせる内装とは関連ページ

査定額をUPさせる外装とは
下取り相場だけで車売却を考えるのではなく、買取り業者に高く買い取ってもらう方法を紹介します。
査定時に必要な書類
査定時に必要な書類について解説します。

ホーム 車無料一括査定の流れ