査定時に必要な書類

査定時に必要な書類をご存知でしょうか?

 

いざ査定を受けるタイミングになってバタバタしないよう、
事前に準備しておきたいものを紹介しておきます。

 

 

査定・売却時に必要な書類とは?

 

●自動車検査証
いわゆる車検証のことです。車内のダッシュボードに通常は入っているかと思いますが、
もし他の場所に移動させている場合はすぐに提示できるよう保管しておきましょう。

 

●自賠責保険証明書
こちらも車検証と同じでダッシュボードに通常は入っていると思います。
正式名称を「自動車損害賠償責任保険」といい、別名「強制保険」ともいいます。

 

●運転免許証
これも、常に財布等に入っているでしょうから特に気にすることはありません。
また、パスポートも公的証明書の役割を果たすのでパスポートでもOKです。

 

●実印
役所に印鑑登録した印鑑になりますのでご注意を。

 

●印鑑登録証明書
これは、発行後1ヶ月以内のものである必要があります。
実印登録をした各市区町村の役所または各出張所で発行されます。

 

●自動車納税証明書
毎年5月に支払う自動車税の納税証明書で、受領印のあるもの。
もし紛失した場合は各都道府県の税事務所で再発行手続きをしないといけません。

 

●委任状
こちらは通常、買い取り業者の方で用意をしています。
こちらにも実印の押印と印鑑証明の添付が必要。
現在の車所有者と次の車の所有者が立ち合い、陸運支局等で名義転校手続きを
行うのが理想ですが、実際には無理なので現在の所有者が次の所有者に代理で
手続きを委任した、という意味合いの書類になります。

 

●譲渡証明書
こちらも委任状と同じで、名義変更に必要な書類。
買取り業者の方で用意しています。

 

 

※場合によって必要な書類

 

●住民票
車検証の住所から、住所変更を1回行っている場合に必要です。

 

●戸籍の附表、または住民票の除票
車検証の住所から、住所変更を2回以上行っている場合に必要です。

 

●戸籍謄本
車検証に記載の氏名が、結婚その他理由により変更されている場合に必要です。

 

 

※なお、とりあえず査定だけを行いたい場合は、
 車検証と自賠責保険証明書だけで大丈夫です。

査定時に必要な書類関連ページ

査定額をUPさせる内装とは
下取り相場だけで車売却を考えるのではなく、買取り業者に高く買い取ってもらう方法を紹介します。
査定額をUPさせる外装とは
下取り相場だけで車売却を考えるのではなく、買取り業者に高く買い取ってもらう方法を紹介します。

ホーム 車無料一括査定の流れ